<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

もうすぐ1ヶ月

今日でしーちゃんが生まれ、25日。
もうすぐ1ヶ月になります。

しーちゃんの様子は・・・・。

いっぱいおっぱいを飲めるようになり、かなりふっくらしてきました。
ふっくらすると、ますますakaちゃんの小さい時にそっくり!!
お腹もカエルみたいにパンパンですっ☆

そして、「いきみ」が始まったぁ~。
akaちゃんの時は、この新生児特有の「いきみ」を知らなかったので、
大丈夫だろうか?とか、苦しいの?って心配したけど、
二人目となると、余裕。
どうやら眠りが浅いときによくいきんでいるようで、
隣で寝てると、気になる・・・・・。

乳児湿疹は、今のとこ、ほとんどなし。
akaちゃんの時がすごかったけど、どうやら姉妹でも
やっぱり体質は違うみたい。
となると、気になるのがアレルギー体質。
これもakaちゃんと似てないといいなぁ~。

あと、ふたりの違う所は声。
akaちゃんは、今でもそうだけど、声が高かったけど、
しーちゃんはチョット低め。

おっぱいの飲み方も、
akaちゃんは飲みながら寝ちゃうことが多くって、
授乳にすっごい時間がかかっていたけど、
しーちゃんは、しっかりと起きて飲んでくれるので、
短時間ですみます。

こんなふうに、しーちゃんを見ていると、
akaちゃんの小さい頃のことを思い出すことができて、
懐かしい気持ちになります。

今の楽しみは、新生児特有の「生理的微笑」ですっ♪
あのニヤって笑顔に、毎回大興奮していますっ♪♪

来週は1ヶ月検診。
そして、長かった実家生活終了まで、カウントダウンですっ。
[PR]
by hi10mini | 2011-11-25 10:41 | 2歳+0ヶ月

お産入院

少し、ゆっくりとした時間ができたので、お産入院中の思い出を・・・。

お産入院は、とても特別な時間でした☆


◇お産当日◇
 夜中に陣痛が始まったため、寝ているakaを残していくことになりました。
お産が終わって、何よりも気になったのが、akaちゃんの様子。
朝起きて、ママがいなかったことなんてないから、大丈夫だろうか・・・って。

病室についてすぐに母に電話すると、akaちゃんは大丈夫だよ!とのこと。
朝起きて、「ママは?」って聞いたけど、
おばあちゃんが「ママはお仕事だよ」というと納得して、
おばあちゃんと一緒にお着替えして、朝ごはんを食べて、
普通に元気に過ごしている、とのこと。

akaちゃんは「お仕事」って言葉を安心する言葉として理解していて。
パパが会社に行くときも「お仕事」って言っていて、
ママが一人で買い物とかごみ捨てに行く特にも「お仕事」っていうと、
特に寂しがったり、自分も行きたいってことも言わない。

どうやら、「お仕事=必ず帰ってきてくれて、また会える」というふうに
理解しているみたい。


で、8時半くらいにおじいちゃん&おばあちゃんと一緒に病室に来てくれたよ。

けど、はじめ、ママを見たときはなんだか緊張した様子というか、
ちょっとママに距離を置く感じだったの。
たぶん、こんな形でママに会うのは初めてだから、
どう接したらいいのかわかんなかったみたい。

けど、少ししたら、すぐ元気になったよ。

その日は、パパと二人でシッピングモールに買い物に行って、
お昼はサイゼリアで二人で食べて、
午後からも公園で遊んで・・・。

パパがakaちゃんと二人で出かけるなんて、初めて。
大丈夫かな?って心配したけど、
akaちゃんはとってもいい子で、なんの心配もいらなかったみたい。

夕方に病室に戻ってきて、教育TVを見ながら、akaちゃんは寝ちゃいました。
いっぱい遊んで疲れたのね。

そして、夕ご飯。
akaちゃんとパパは、おばあちゃんにお弁当を作ってもらって、
ママの病室で一緒に食べたよ。

そして、そして、20時に。
面会時間が21時までなので、akaちゃんとパパは帰らなければならない。
パパがakaちゃんに「帰ろう」というと、
もちろんakaちゃんは「ママも~」って。
ママは病院にいなきゃいけないの、ってお話ししたけど、
そんなの理解できるはすがないよね。
結局大泣きのまま、パパに抱っこされて、病室を出ていきました。
廊下からもakaちゃんの大泣きする声がずーっと聞こえてて、
ママもとっても辛かったよ。
けど、一番辛かったのはakaちゃんだね。

家に帰ってからも、玄関のところで
「ママを迎えにいく~」って泣きながら叫んでたみたい。

なにもしてあげられないことがつらかったぁ・・・。

◇2日目~
 そんな、一日目だったので、入院を一日短くすることにしました。
akaちゃんに少しでも寂しい思いをさせたくなかったから。

朝は8時前にはパパと一緒にママに会いに来てくれました。
廊下からakaちゃんの声が聞こえてくるのを、毎日楽しみに待っていましたっ♪
気持ちとしては、デートの前の気持ちみたいっ☆

笑顔いっぱいのakaちゃんとパパに会える瞬間が、
すっごく幸せな瞬間でした。

ママの朝食は8時から。
akaちゃんは、教育TVを見ながら、そして、ママのごはんをつまみ食いしながら、
楽しい一時間。

そして、9時。
入院中は、だいたい毎日9時から、バイタルチェックや、おっぱいマッサージ、
肩のマッサージ。
日によってはフェイシャルエステ、フットマッサージと、
午前中は何かと忙しく、akaちゃん達には病室を出ていてもらわなければいけない。

しかし、昨日の夜、ママと離れ離れになったことがトラウマになっているakaちゃんは、
「また直ぐ会えるから」と言っても、
「ママと一緒にいる~!!」って大泣き。
結局、また、大泣きのまま、パパに抱っこされて病室を出ていきました。

2日目、3日目はパパがお休みだったので、パパがずっとakaちゃんと一緒にいてくれました。
公園に行ったり、電車に乗りに行ったり、本当によく面倒をみてくれました。
パパなりに、akaちゃんに寂しい思いをさせないように、って思って頑張ってくれていたんだと思います。
ありがとう。

そして、この日のお昼からずーっと、昼と夜は病室で一緒にご飯を食べました。
akaちゃんとパパはおばあちゃんのお弁当です。
akaちゃんのお産の時は、お食事の時間は一人で、なんだか寂しいなぁ、って思った記憶がありました。
けど、今回は、akaちゃんの本当に無邪気な笑顔を見ながらのお食事は、
本当に本当に幸せだなぁって、感じました。

午後からは、お昼寝。
akaちゃんはママのベットで、ママにぴったりくっついてねんね。

この日からしーちゃんも同室。

パパも遊び疲れてソファーでお昼寝。

3人が寝ている姿は、なんだか、あったかい気持ちになりました。
これが、あたしの家族なんだなぁ~って。

3日目の夕ご飯はお祝い膳だったで、パパの分も注文して一緒に食べました。
入院中、ごakaちゃんの飯はパパが食べさせていました。
けど、この時はママの隣に座って、ママが食べさせてあげました。
すると、パパが、
「akaちゃん、すっごいうれしそうだなっ。ママに食べさせてもらえて、うれしそう」って。
ママにはわかんなかったけど、パパはそう感じたみたい。
けど、そんなことでもakaちゃんに寂しい思いをさせていたんだなぁ、って思いました。

2日目、3日目も病室から帰るときは大泣きでした。
けど、少しづつ、慣れてきたみたいで、泣いてる時間は短くなっていたよう。
この別れの時がやっぱり、ママの一番つらかったぁ。。。

◇4日目◇
 この日はパパが仕事。
パパは3日目の夜に帰り、4日目、akaちゃんが起きると、パパもママもいない状態です。
大丈夫だろう??ってまたまたママは心配したけど、
また、「お仕事」って言ったら、納得したみたいで、普通だったとのこと。

この4日目はakaちゃんは病院には行かないことにしました。
病室から帰るときに、パパもいなかったらakaちゃんを連れて帰ることはできないだろう、と考え。

おじいちゃんとおばあちゃんだけの生活。
ママは心配で、1時間おきくらいに電話。
そのたびに「全然大丈夫!」って。
電話のうしろからはakaちゃんの笑い声が聞こえていて。

話によれは、本当にいい子だったみたい。
朝ごはんのミックスジュース作りのお手伝いをし(バナナの皮むき&ミキサーに投入)、
9時からはお庭でおじいちゃんと遊び、
11時からは児童館へ。
たまたま、幼児教室みたいなのがやっていて、そこで、どんぐり拾ったりしたんだって。
akaちゃんは「おけいこ!」って喜んでいたみたい。
お昼ごはんもしっかり食べて、
お昼寝も一人でできて。
夕ご飯も食べて、夜もママがいなくても一人で寝てたって。

いい子だったakaちゃんの話をきくと、安心したけど、
(泣いてばっかりだったらどうしよう、って思ってたから・・・)
頑張ったんだなぁ~って思いました。
もう、2歳だからママがいないってことぐらい理解できてるはず。
理解した上で、いい子にしてたんだなぁ~って。

ママはというと、akaちゃんに会えない一日はすっごく長く感じられ、
一人で食べるご飯はとってもさみしかったぁ・・・・。

◇5日目◇
 退院の日。
パパも来てくれて、家族4人で退院したよ。
この日のakaちゃんは、すっごいうれしそうだったよ。


なんか、長々と書いてしまったけど、
この5日間って、ママにとってもakaちゃんにとっても、
もう経験することのない時間だったから。
けど、まだ、書き残した気持ちがあるような気もするけど。

パパにもakaちゃんにも本当に本当に感謝、感謝です。
ありがとう!ありがとう!
[PR]
by hi10mini | 2011-11-19 23:03 | 2歳+0ヶ月

生後2週間

先日、出産したクリニックに併設している助産院で
検診をしてもらいました。

2,626gで生まれたしーちゃん。
3,050gになっていましたっ☆

日増は35g/dayで、まずまず順調とのこと。
お産入院中はミルクを足していたのですが、
退院したからは完全母乳でやっています。
今の様子だと、ミルクを足す必要はないとのこと。

1ヶ月検診までに、どのくらい大きくなるのかなぁ~♪


夜、よく寝てくれていたしーちゃんですが、
最近は、よく起きるようになってしまいました・・・・。
やっぱり、まだ新生児。
昼と夜の区別なんてつかないよね~(涙)

いつもお昼の12時半くらいにお風呂にいれるのですが、
最近はお風呂あがって、おっぱい飲んだら、爆睡。
ひたすら爆睡して、16時くらいにおっぱい飲んで、
また爆睡・・・・。
そして、20時くらいに目を覚ます・・・・。

その時間ってちょうどakaちゃんを寝かしつける時間と重なるので
ちょっと大変。

そして夜。
何度か起きるのですが、
そのタイミングでakaちゃんも起きてしまうこともあり、
これまた大変!!

ママが授乳してる姿を見ると、
「ママとねんねする~!!」って大泣き。
しょうがないので、授乳をストップして、akaちゃんと添い寝・・・。

夜中に子供二人に泣かれるのは、結構ツライ・・・・。


けど、うれしいことも♪
少しずつ、akaちゃんがしーちゃんを受け入れてくれているみたいっ☆

昨日はしーちゃんの枕元に座って、握手をしたり、
ぬいぐるみやぽぽちゃんを持ってきて、しーちゃんに握手させてあげたりっ♪

ママがしーちゃんを抱っこできる時間も前よりは長くなりました。

二人が仲良くしている姿は、何よりもうれしい光景です☆
[PR]
by hi10mini | 2011-11-18 11:17 | 2歳+0ヶ月

二人の様子

出産して約2週間。
ちょっとだけ2人の子育て生活にも慣れてきたような・・・・・。

まずはしーちゃんの様子。

トータルで見ると、よく寝る子みたい。
特に夜。
3時間以上ずつまとめて寝てくれるし、授乳したらコテっとまた寝る。
夜に関してはホント楽をさせてもらってます。

お昼も、まずまず寝てくれてます。
akaちゃんの時は、akaちゃんが寝ているときは、みんなで静かにして、
なるべく物音を立てないように、ひっそり生活してたけど、
二人目ってそうはいかない。
しーちゃんが寝てても、akaちゃんはドタバタ走りまわるし、
大きな声も出すし。
けど、そんな物音じゃ、しーちゃんはビクともしないで寝てくれています。
お腹の中にいるときから、akaちゃんの声を聞いて、ドタバタ走る音を聞いて育ったから
へっちゃらなのかな??

けど、問題は夕方から。
毎日決まったように、夕方、目覚めると、大変。
授乳しては寝る。
けど、15分くらいですぐ起きる。
そして、また、授乳。
これの繰り返し。
ホントはゆっくり抱っこでもできるといいんだけど、
あんまり長い間抱っこしていると、akaちゃんが嫌がるし、なんだかかわいそうだし。。。
このぐずぐずが20時~21時まで続くのです・・・。
今は実家なので、夕ご飯は作ってもらっているので、育児に専念できるけど、
自宅に帰ってからを想像すると、悲惨。。。。。

あと、しーちゃんは、オムツが汚れると結構必死で泣く!
おしっこでもウンチでも、かなり必死!!


次はakaちゃん。

基本、自分の機嫌がいいときは、しーちゃんにやきもちを焼かないけど、
機嫌が悪かったりすると、
「しーちゃん、イラン!」とか
しーちゃん、ねんねだけしとく!」とか
「しーちゃん抱っこしない」とか、って叫んで嫌がっています。

akaちゃんの中で、
ママがおっぱいをあげることと、
オムツを替えること(これは誰でもO.K)は理解できているようですが、
ママが長い間抱っこしたり、
ママ以外の人がしーちゃんを抱っこすると、必死で怒っています。

これが、悩みところ。
すこしづつ慣れていって欲しいけど、
akaちゃんがかわいそうな気もするし・・・・。
時間が経ては慣れていってくれるのかなぁ、と期待しつつ。

けど、お手伝いもしてくれます。
助産師さんから、
『下の子のお世話のお手伝いをしてもらうといい』とアドバイスを受けたので、
オムツ替えの時のオムツとお尻拭きをakaちゃんに持ってきてもらい、
オムツのごみをゴミ箱に捨ててもらっています。
これは、楽しそうにやっているので、
こうやって少しずつ、お世話をしていくうちに、しーちゃんのことを
いとおしく思う気持ちが芽生えていってくれたらなぁ、と思います。

最近、少し、夜泣きをするようになったakaちゃん。
2人の子を持つママ友が言ってたけど、
下の子ができて、いろいろ上の子なりにガマンしてて、
その我慢が限界になると、夜泣きになって現れたりする、って。

確かにそんな気がする。
夜、泣いて起きると、ママの布団に入ってきて、
これでもかってくらいママにひっついてきます。
そんな姿をみると、やっぱりかわいそうになります。
ずーっと腕枕をしてトントンしてあげるようにしています。


実は、毎日反省の日々。
akaちゃんがぐずるから、しーちゃんを泣かしっぱなしにしている時は、
akaちゃんにきつく接してしまう。
けど、ちょっと寂しそうなakaちゃんの表情や、夜泣きをしたり、
ママにくっついて寝るakaちゃんを見ると、
どうしてもっとakaちゃんに優しく接することができなかったんだろう。。。って。

まだ、2週間だけど、
やっぱり育児って難しいなって改めて感じています。
[PR]
by hi10mini | 2011-11-14 10:57 | 2歳+0ヶ月

「小」の字

お産入院を終えて、寝るときは親子3人、並んで寝ています。

お腹が大きかったときは、どうも、上向きで寝るのが苦しくって、
横ばっかり向いて寝ていました。

あと、今までは、無意識に、隣で寝ているakaちゃんの方をむいて寝ていました。

けど、今はちょっと寝る向きに困っていますっ(笑)。

「小」の字で3人で寝ているのですが、
右向いて寝ると、akaちゃんが見えるけど、しーちゃんが見えない・・・。
左向いて寝ると、しーちゃんは見えるけど、akaちゃんが見えない・・・・。

結局、寝入るときは真上をむいて寝てるけど、なんだか落ち着かない・・・・・。

なんだか幸せな、小さな悩みですっ(笑)


2人同時の寝かしつけって、大変そう~って想像してたけど、
今のところ、順調に寝かしつけできています。
(多分、本当に「今のところ」だけだと思うけど・・・・)

akaちゃんの時は結構、夜寝てくれなくって、苦労した記憶があるけど、
しーちゃんは今のところ(そう、悪魔でも「今のところ」)、
夜はきっちり3時間づつ、ぐっすり寝てくれて、
とっても親孝行な感じです。

いつまで続くのかなぁ~(笑)
[PR]
by hi10mini | 2011-11-09 11:42 | 2歳+0ヶ月

出産記録

しーちゃんの出産当日について、書き綴っておこうと思います。

◆10月31日(予定日4日前)◆
pm11:00頃
 あっ、これって陣痛かも・・・。
 ってくらいの、ちょっと痛いくらいの陣痛が始まりました。
 このときで間隔は15分くらい。


◆11月1日◆
am12:30
 間隔が10分くらいになる。
 少しずつ、痛みは強くなってきてはいるけど、全然ガマンできるくらい。

 この時点で、「この陣痛はたぶん、消えないだろう」と判断し、
 パパに連絡し、来てもらうことに。 
 
am2:30
 間隔が8分くらいになってきたので、病院に電話をして、病院に向かうことに。
 
 病院に着き、NSTで陣痛の間隔と痛みの強さを測定。
 間隔は確かに8分感覚くらいだけど、陣痛の強さはそれほど強くない、とのこと。
 子宮口も、まだ2~3センチ。

 この様子からだと、生まれるまではまだまだのよう。
 このまま入院してもいいし、一旦帰ってもいいかもね・・・・と助産師さんと相談した結果、
 念のため、経産婦ということもあるし、入院しておくことに。

そして、陣痛室ではなく、病室のベットで横になることになりました。

am4:00
 パパが到着。
 この時点でも陣痛は8分感覚で、痛みの強さもそれほど強くなってきておらず、
 「急いできてくれたのに、ごめんね~。まだまだ生まれそうにないよ~」
 なんてことを話してました。

 病室には1時間おきくらいに助産師さんが様子を見にきてくれました。
 4:20、5:20に様子をみにきてくれたときは、
 「ちょっとづつ、痛みは強くなってきているようだけど、まだまだだね~」

am6:15
  陣痛の間隔の間にトイレに行きました。
 トイレから帰った瞬間、痛い!!痛い!!!
 今までとは、比べ物にならないくらいの痛みがっ!!!!

 1回目の痛みは、声を殺してじーっとガマンしたけど、
 次にきた痛みには、ガマンができず、
 隣のベットでいびきをかきながら寝ていたパパを起こしました。
 
 ちょうどその時、助産師さんが病室に入ってきてくれました。
 私の様子を見て、「すぐに分娩室へ」と。
 
 もう一人で歩くことはできず、助産師さんとパパに抱えられて分娩室へ。

 へっ??
 陣痛室じゃないの??
 もうすぐ、生まれるの???

 分娩室に入って、分娩台に乗り、足にカバーをつけたり、
 いろいろとしてるうちに、ふと気づくと、先生がすでに入ってきていました

 えっ??
 もう、いきんでいいの??
 生んでいいの??

 そこから、切開をして。

 助産師さんの声にあわせて呼吸をしながらいきむと、赤ちゃんの頭が見えてきました。

 次のいきみで。

 「おぎゃー!!!」


am6:43
 無事、出産。


ということで、出産の時の「あの痛み」の時間は約20分のみ。
助産師さんも、びっくりするくらいの超スピード出産になりました。

どうやら、6:15にトイレにいったタイミングで高位破水をしたようです。

助産師さんの的確な判断に本当に感謝です。

実はこの助産師さん、akaちゃんの出産のとき、入院時に付き添ってくださった方でした。
もうひとり、分娩に立ち会ってくださった助産師さんも、なんとakaちゃんの時と同じ方でした。
なんだか、すごい縁だなぁ~、って思いました。

そうそう、今回も無事にパパに立ち会ってもらうことができました。
パパは、病室でイビキをかきながら爆睡していたところ、
急に起こされ、即出産だったので、
多分、私以上に、あっという間だったようで、ちょっとあっけに取られていた感じ。
けど、パパがいてくれただけで、本当に心強かったです。
ありがとう。
そして、パパの大仕事の「へその緒切り」。
2回目ということで、ちょっと慣れた感じでしたっ(笑)
 

忘れられない大切な思い出が、また一つ、増えました☆
 
[PR]
by hi10mini | 2011-11-06 22:48 | 2歳+0ヶ月

☆新しい家族☆

◇2011年11月1日 午前6時43分◇

我が家に新しい家族が誕生しました。

2636グラムのちょっと小さめの女の子。

元気に産声をあげて、パパ&ママ&akaちゃんの家族として
生まれてきてくれました。

ありがとう!
ありがとう!!
ありがとう!!!

ブログでは『しーちゃん』で登場しますっ☆
よろしくお願いしますっ♪


しーちゃんは、姉妹だけあってakaちゃんにそっくり!
生まれてすぐは、そんなに似てない??って思ったけど、
産湯できれいにしてもらってから見ると、本当にそっくり!!
特に撮った写真なんて、akaちゃんと見間違えるくらいですっ☆

マタニティーライフのこと、出産のこと、しーちゃんのこと、
akaちゃんの様子、パパの様子などなど、書きたいことがいっぱいだけど、
今回はここまでで。
また、時間をみつけて、大切な思い出を書き綴っておこうと思います。


これから、家族4人、どうぞよろしくお願いします☆
[PR]
by hi10mini | 2011-11-06 21:52 | 2歳+0ヶ月